黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12月の星空 | main | 宇宙 × ◯◯ Vol.06 〜アニメ〜 >>
世界で星はこう言い伝えられて来た!Vol.02
0
    このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。 その中でも特に、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます

    前回は、ベドウィンでの北極星のお話をしました。
    では、私たちが住んでいる日本においてはどのように見られていたのでしょうか。 では、日本においての北極星はどのように見られていたのでしょうか。

    北極星の和名は
    北辰
    ネノホシ
    ヒトツボシ
    キタノホシ
    トクゾウボシ

    など色々なものがあります。
    ある程度納得できる名前ですが、トクゾウボシってちょっと変な名前ですよね。

    このトクゾウというのは、廻船問屋の名船頭徳蔵のことです。
    徳蔵がどこからきたのかは諸説あり、兵庫県や愛媛県だという説が有力です、浪速の名船頭とも言われています。やはりこの徳蔵も北極星を使い船を進めていました。日本でも方角を知るために北極星を使ったことがわかります。


    北極星は一年を通してほぼ真北に位置しています。
    ほぼ真北ということが大事で、北極星はよくよく見ると少し動いています。少し動いていることに初めて気づいたのは誰なのでしょうか。実は北極星動いてるのを発見したのは徳蔵の奥さんであるという記録が残っています。
      

    徳蔵が海に出ている夜、徳蔵の妻は針仕事をしていました。その時に窓の格子の間から、北極星が見えていました。この北極星が時間が経つうちに障子の桟一本分だけ動いていることに気がつきました。夫が航海をしている時にこの動いている星を目印としていることを不安に思いました。妻が徳蔵に北極星が動いていることを伝えると、徳蔵は驚いて本当かどうか確かめるために港に松の木を植えました。松の木のてっぺんと北極星の間を見ていると確かに北極星が動いていることがわかり、その後の航海はより慎重に船を進めるようになりました。

    北極星が動いていることを知っている人はたくさんいると思います。
    しかし、そのことをあえて確認しようとする人は多くはないでしょう。海の上では方角が分かるかどうかは生死に関わってきますので、昔の人は現代の人より注意深く北極星を見ていたことでしょう。北極星を見る際にはただ方角を教えてくれる星ということだけでなく、そこに込められた話に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

    by KIMURA
    世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする