黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宇宙 × ◯◯ Vol.08 〜クラシック音楽〜 | main | 世界で星はこう言い伝えられて来た!Vol.03 >>
人工天体を見てみよう!
0
    2014年も残すところ僅かとなりましたね。
    今年も星や宇宙に関することがいろいろとありました!
    その中でも印象に新しいのは「はやぶさ2」の打ち上げ成功じゃないでしょうか??

    はやぶさ2は太陽系内の小惑星を探査し、
    その成分をもちかえるために旅立ちました。
    このように人が作り、宇宙空間を漂う物体のことを
    「人工天体」といいます。

    「人工天体」という言葉、
    聴いたことがあるようなないような・・・
    はやぶさ2の他に人工天体というと次の様なものがあります。


    まずは、地球の周りやその他の惑星の周りを回っている
    「人工衛星」
    気象予報に一躍かっている「ひまわり」はその代表例ですね。

    次に、人工衛星の中でも、太陽の周回軌道にあるものを
    「人工惑星」といいます。
    実は「はやぶさ」や「はやぶさ2」はこの一種なんですね。

    そして、太陽の周回軌道の外、
    わかりやすく言うと太陽系よりも外に行く人工天体を
    「深宇宙探査機」といいます。
    木星と土星の衛星を観測し、その後太陽系の外まで行った「ボイジャー」がこの一種になります。

    最後に今年若田光一さんが船長を務め、無事に帰還された
    「国際宇宙ステーション(ISS)」です。


    つまり「人工天体」といっても
    ・人口衛星
    ・人工惑星
    ・深宇宙探査機
    ・国際宇宙ステーション
    のように種類があります。
    この「人工天体」はみなさんが夜空を見上げると輝く星のように目で見ることが出来るのです。(望遠鏡を使わなくても)しかも、普通の星は目で見ても動いてるようには見えませんが、「人工天体」は動いているのが目で見てもわかるのです。

    そして、明日12月27日にこのような「人工天体」が多く見られるようです!!


    こちらが観察出来る「人工天体」一覧です。地域によって見えるものが異なるようなのでお気をつけ下さい。
    詳しくはコチラも参照ください。

    さらに、折角見たならそのことをみんなで共有しようじゃないか!!
    ということで、JAXAの公式Twitterで人工天体を見たら
    「#ホシモみえたよ」というハッシュタグをつけてつぶやいてみようということが呼びかけられています。
    ホシモというのJAXAのゆるキャラみたいです(笑)

    是非観察出来たらつぶやいてみて下さいね!
    また、このような人工天体は明日27日に限らず見ることが出来ます。
    もし見てみたい!と思ったら下記のHPを参照してみてくださいね。

    国際宇宙ステーション(ISS)の詳細情報

    色んな人工天体の詳細情報

    by Kobayashi
    お知らせ | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする