黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 突撃!隣の天文台 Vol.12 花山天文台 | main | 宇宙×◯◯ Vol.21 〜ファッション〜 >>
1月の星空
0
    明けましておめでとうございます。

    今年は、3月に日本では久しぶりの日食、5月には火星の大接近といった天文現象があります。昨年は、皆既月食やペルセウス座流星群など、ここぞという時に天気がすぐれませんでしたが、今年は良い天気に恵まれて欲しいですね。

    さぁ、年が明けて、すっかり冬の星空になりましたね。南の空には、オリオン座をはじめとした明るい星がたくさん見えています。こうした、明るい星がたくさん見られるのが、冬の星空の特徴です。 また、時折寒波がやってきて、冷え込む日がありますが、そんな日は空気が更に澄んで星がよく見えます。「今日は寒いな…」と思ったら、夜空を見上げてみると、力強い星の輝きに、ほっと心が温まります。


    さて、今年の最初の天文現象は、4日が極大となる「しぶんぎ座流星群」です。年間三大流星群の一つなのですが、活動期間が数時間と短いのが特長です。見やすいのは輻射点が昇ってくる明け方ですが、今年は極大が17時であるのと、明け方には月明かりの影響を受けるので、あまり条件はよくありません。しぶんぎ座流星群について詳しくは、国立天文台のサイトもご覧ください。
    http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2016/01-topics01.html
    http://www.nao.ac.jp/astro/meteor-stream/quadrantids.html


    今月もう一つ注目なのが、9日の金星と土星の接近です。金星と土星は9日の昼過ぎに、5分角まで近づきます(月の見かけの大きさが30分角=0.5度です)。ただし昼間ですので、この様子を見るには望遠鏡が必要です。1月上旬であればそれよりは少し間隔が開いてしまいますが、明け方の空で金星と土星が並ぶのを見ることができます。それでも、この2つの惑星の間隔は月1個分よりも狭いものとなります。望遠鏡を使えば、土星の環と明るい金星とを同時に見ることができます。



    *天文現象いろいろ*
    ■ 1日 元旦(初日の出:京都07時04分,大阪07時05分,東京06時50分)
    ■ 2日 下弦(14:30)
        月の距離が最遠(20:53,40万4277km,視直径29'.5)
    ■ 3日 地球が近日点通過
    (7:49,0.983304天文単位,1億4710万0176km,太陽の視直径32'32")
    ■ 4日 しぶんぎ座流星群が極大(出現期間1月1日~1月7日)
    ■ 6日 小寒(太陽黄経285°)
    ■ 9日 金星と土星が大接近(明け方東の空)
    ■ 10日 新月(10:31)
    ■ 15日 月の距離が最近(11:14,36万9619km,視直径32'.3)
    ■ 17日 上弦(8:26)
    ■ 18日 冬の土用(太陽黄経297°)
    ■ 21日 大寒(太陽黄経300°)
    ■ 24日 満月(10:46)
    ■ 30日 月の距離が最遠(18:10,40万4553km,視直径29'.5)
    参考:
    ・白河天体観測所
    AstroArts「天文現象カレンダー」


    by Suzuki & Moritani

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    今月の星空 | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする