黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月の星空 | main | 黄華堂検定 Vol.89 〜ASTRO-H〜 >>
2月の星空 続き
0
    2月の星空の続きです。

    冬には1等星が8つで、その内、冬の大三角と冬のダイヤモンドで7つが登場します。

    残りの1つはというと、カノープスという星です。

    カノープスは、冬の大三角よりもずっと低いところ、地平線ギリギリに見える星です。 一番高く昇る時でも、京都で約2.5度までしか昇りません。そのため、見るのが難しく、見れば長生きをすることができる、と言われています。位置の目安は、ベテルギウスとプロキオンの中点とシリウスを線で結び、そこから南へ伸ばしていった先です。低空までよく晴れた日、見晴らしのよい場所で探してみて下さい。



    (図1)大阪から撮影したカノープスの動き(約30分間に撮影した
    写真を比較明合成)。地平からの高度は約3度です。




    *天文現象いろいろ*

    ■ 1日 下弦(12:28)
    ■ 3日 節分
    ■ 4日 立春(太陽黄経315°)
    ■ 8日 新月(23:39)
    ■ 11日 月の距離が最近(11:41、36万4360km、視直径32'.8)
    ■ 15日 上弦(16:46)
    ■ 16日 おうし座のアルデバラン(0.9等)の食
     (東京潜入15:43、出現は16時58分)
    ■ 19日 雨水(太陽黄経330°)
    ■ 23日 満月(03:20)
    ■ 27日 月の距離が最遠(12:28、40万5383km、視直径29'.5)

    参考:白河天体観測所

    by Suzuki & Moritani

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    今月の星空 | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする