黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8月の星空 | main | 9月の星空 >>
宇宙×◯◯ Vo.25〜国旗〜
0
    4年に一度のスポーツの祭典、オリンピックの開幕が近づいてきました。今年のメイン会場はブラジルのリオデジャネイロ。皆さんも、応援する種目、選手などあるのではないでしょうか?さて、オリンピックに限らずスポーツの世界大会ともなると、開会式や選手紹介、メダル授与式などで国旗を多く目にすると思います。今回は、そんな国旗と星空の関係についてご紹介しましょう。


    星が描かれた国旗といわれると、皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか?別名に星条旗を持つアメリカ?赤地に5つの黄色い星が配されたお隣の国・中国でしょうか?日本国旗の赤丸も太陽を表していますから、星が描かれているともいえますね。星条旗も中国国旗も星を図象として用いているだけですが、実際の星座や天体を表している国旗もあります。有名なのがオーストラリアをはじめとするオセアニアの国々です。


    オーストラリアの国旗には、南半球の象徴として南十字星が描かれています。星の明るさは再現されていませんが、星の配置は正確です。オーストラリアのほかに、サモア、ニュージーランド、パプアニューギニアの国旗に南十字星が描かれています。


    しかも、ニュージーランド以外の国旗には、十字の星以外に一つ、小さい星が描かれています。南半球の星空には南十字星によく似た「にせ十字」と呼ばれる形が近くにあります。この小さい星はそれと区別するために使われる星なのですが、これもしっかり描かれているのです。


    さて、南十字星が描かれている国旗はもう一つあります。そう、今季オリンピックの開催国、ブラジルの国旗です。ブラジルの国旗の中央には、なにやら天球儀のようなものが描かれていて、そこにいくつかの星が配されています。その中に南十字星もあるのです。これらの星々は適当に描かれたものではありません。ブラジルが共和国として再出発した日1889年11月15日の朝8時30分のリオデジャネイロの空を表しているのです。描かれている星の数は27個、これは26州と1連邦直轄区を表しており、すべての星と州が対応しています。例えば、みなみじゅうじ座(南十字星)のα星がサンパウロ州、さそり座のアンタレスがピアウイ州、という具合です。ブラジリア連邦直轄区には、暗い星ではありますが、南極星に相当するはちぶんぎ座シグマ星があてられています。


    現在、世界にある国の数は196です。(日本が承認している国のみ)
    ほかにも天体をモチーフにしている国旗はたくさんあります。オリンピックを応援しながら、そんな国旗を探して由来を調べてみるのも楽しいかもしれません。

    by Tsukada


    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ

    宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする