黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 黄華堂検定 Vol.96 〜秋の星空〜 | main | あなたの知らない宇宙 Vol.58 〜バリアフリー天文学〜 >>
黄華堂検定 Vol.96 〜秋の星空〜答え
0
    先日更新した「秋の星空」をテーマにした黄華堂検定の解答です。


    ☆答え☆
    (1):(い)「秋の四辺形」
    別名、「ペガススの四辺形」とも呼ばれ、ペガスス座の胴体の部分にあたる星の並びです。11月上旬の午後9時頃には、頭の真上あたり、やや暗い星が四つ、長方形に並んでいます。他に明るい星がないので、意外と見つけやすいですよ。

    (2):(あ)「馬のへそ」
    秋の四辺形の北東角の星は、以前はペガスス座のお腹の星でもあり、アンドロメダ座の頭の星でもありました。現在は、アンドロメダ座α星とされています。アンドロメダ姫の頭の星ではありますが、かつてのペガスス座の名残りで、「馬のへそ」という意味でアルフェラッツと呼ばれています。

    (3):近い順にM45(443光年)・M15(33600光年)・M31(230万光年)
    M45は、銀河系内の散開星団、M15は、銀河系の端の方にある球状星団、M31は我々の住む銀河系のお隣にある銀河で、ケタ違いの遠さです。星の集まりといっても、種類も距離も規模も、全く違っています。星空の奥行きを感じながら、天体観察してみてはいかがでしょうか。

    by hashimoto



    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする