黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 突撃!隣の天文台 Vol.18 〜ぐんま天文台〜 | main | 3月の星空 Vo.112 >>
黄華堂検定 Vol.98 〜しぶんぎ座流星群〜
0
    みなさん空を見上げていますか?過ぎてしまいましたが、1月の天文イベントにしぶんぎ座流星群がありましたね。しぶんぎ座流星群は1月3日23時頃に極大を迎えました。今年は月明かりの影響を受けないため、比較的良い条件で観察することができたのではないでしょうか。今回はそんなしぶんぎ座流星群に関する問題です。

    (1)しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群とならび3大流星群に数えられる流星群はどれでしょうか?
    (あ)よつご座流星群
    (い)みつご座流星群
    (う)ふたご座流星群
    (え)ひとっりこ座流星群


    (2)○○流星群の名前はどのように決めているでしょうか?
    (あ)その星座の星からうまれた塵が流星になったものだから。
    (い)その星座の方角から流星が流れて見えることに由来して。
    (う)流星群の発生する季節に合わせて。
    (え)流星群を発見した者が決めている。


    (3)しぶんぎ座流星群の名前に使われている「しぶんぎ座」の由来はどれでしょう?
    (あ)凸面四分儀座
    (い)凹面四分儀座
    (う)壁面四分儀座
    (え)平面四分儀座







    <答え>
    (1):(う)
    「世界三大流星群」と呼ばれているのは、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群です。

    (2):(い)
    流星群に属している流星は、星空のある一点から放射状に流れるように見え、この一点を「輻射点または放射点」と言います。そこで、一般的には輻射点に位置する星座の名前をとって○○流星群と呼ばれます。

    (3):(う)
    流星群の名前に使われている「しぶんぎ座」は、現在では存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」という星座に由来しています。また「りゅう座ι(イオタ)流星群」と呼ばれることがありますが、正式には「しぶんぎ座流星群」が用いられます【1】。

    参考文献
    【1】国立天文台 しぶんぎ座流星群

    By Itanishi

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    - | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする