黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
黄華堂検定Vol.93〜藤原定家〜
0
    みなさんは昨年の7月、どのような日々を過ごしていたか覚えていますか?日々、起こることを日記に綴っている人も多いと思います。昨年の手帳を見返すと思い出すこともあるでしょう。人の日記を読むというのは、背徳感を覚えます。いけないこととは思いつつ、今回はそんな日記の中身をのぞいてみようと思います。


    (1)鎌倉時代の歌人 藤原定家(ふじはらのていか)は小倉百人一首の選者の一人で、「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや もしほの 身もこがれつつ」という海女の少女の恋歌を詠んでいます。そんな定家が19歳から綴ってきた日記の名前は次のうちどれでしょうか?

    (あ)更級日記
    (い)天文一夕話
    (う)明月記


    (2)藤原定家が残した日記の中には、天文現象を紹介した記述が100以上残っています。その中でも、次のうち最も多く登場する天文現象の記述はどれでしょうか?

    (あ)惑星現象
    (い)日食・月食
    (う)客星出現(彗星、新星、超新星)


    (3)藤原定家の日記は、歴史上・芸術上価値が高いもの、また学術的に価値が高いものとして2000年に文化財保護法に基づき指定を受けました。次のうち、適切な指定区分はどれでしょうか?

    (あ)国宝
    (い)重要文化財
    (う)県・市指定文化財



    参考文献/参考HP
    【1】百人一首
    【2】中沢 登(1973)天文一夕話,信濃教育会出版会
    【3】斉藤国治(1999)定家「明月記」の天文記録,慶友社,pp.244
    【4】文化遺産オンライン,明月記 http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/201223

    by Saito


    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
    黄華堂検定 Vol.92 〜宇宙の渦〜答え
    0
      黄華堂検定〜宇宙の渦〜の答えです。

      ⭐︎答え⭐︎
      (1):(う)
      (あ) 木星にあるエウロパ衛星の2倍:エウロパ衛星の直径は3200kmなので、2倍にすると6400km。
      (い) 月の10分の1:月の直径は3500kmなので、10分の1にすると350km。
      (う) 冥王星の半分:冥王星の直径は2400kmなので、半分にすると1200km。
      台風の直径1200kmと比べると、正解は「冥王星の半分」でした。


      (2):(い)
      渦巻きの部分は銀河の腕と呼ばれています。ここはたくさんの星が集まって明るく輝いている部分です。


      (3):(う)
      降着円盤では、内側ほど回転速度が速くなっています。そのため、内側と外側で速度差が生じ、摩擦が起こって、熱が発生しているのです。


      参考資料:気象庁、過去の台風資料

      by Tazaki



      ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
      また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
      バックナンバーはこちらをどうぞ!!
      黄華堂ホームページ
      黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
      黄華堂検定 Vol.92 〜宇宙の渦〜
      0
        もうすぐ6月、梅雨ですね。梅雨といえば、あじさい・かたつむり・・・。かたつむりといえば『渦巻き』ですね。無理矢理ですが、今回は『宇宙の渦』というテーマで出題します。

        (1)宇宙から見た台風
        昨年夏に油井宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影した台風16号の写真をツイッターに投稿しました 。

        この台風は強風域半径が600kmにもなる、大型の台風でした。では、この台風の大きさに一番近くなるのは次のうちどれでしょう?

        (あ) 木星にあるエウロパ衛星の2倍
        (い) 月の10分の1
        (う) 冥王星の半分



        (2)渦巻き銀河
        私たちの住む天の川銀河は渦を巻いた円盤状形をしています。下の写真は国立天文台のページにある、天の川銀河 (銀河系) の想像図です。

        では、渦巻きを作っている白っぽく描かれた部分は何でしょうか?

        (あ) 水や水蒸気や氷
        (い) 恒星
        (う) 岩石や塵



        (3)降着円盤
        みなさんはブラックホールをご存知でしょうか?強い重力によって光さえも吸い込んでしまうために真っ黒で、宇宙に穴があいているかのように見える天体です。穴があいているかのように「見える」と書いてしまいましたが、実はまだ誰もこの穴を見たことがありません。この穴を初めて観測するために、現在『事象の地平面望遠鏡 (Event Horizon Telescope)』という、地球上に散らばっている電波望遠鏡を組み合わせた観測網が稼働しています。では、暗い宇宙の中でどうやって黒い穴を見るのでしょうか?実はブラックホールの周辺には降着円盤と呼ばれるガスの流れがあり、そのガスが明るく光るのを観測することで、中心の穴を見ることができます。下の写真のように、ガスは渦を巻いて輝きながら、ブラックホールへと落ちていきます。

        (NASA/JPL-Caltech)
        前置きが長くなってしまいましたが、ここで問題です。降着円盤のガスは100万度を超えるのですが、何故そんなに高温なのでしょうか?

        (あ) ガスが可燃性で、燃えているから
        (い) 核分裂が起こっているから
        (う) ガス同士がこすれて、摩擦熱が発生しているから


        参考資料:気象庁、過去の台風資料

        by Tazaki



        ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
        また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
        バックナンバーはこちらをどうぞ!!
        黄華堂ホームページ
        黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
        黄華堂検定 Vol.91 〜火星〜答え
        0
          先日更新した「火星」をテーマにした黄華堂宇宙検定の解答です。

          ☆ 答え ☆
          (1):(う)約687日
          太陽の周りを公転する惑星の公転周期は、太陽に近い惑星ほど短く、太陽から遠い惑星ほど長くなります。みなさんがご存知の通り、(い)約365日が地球の公転周期ですが、火星は地球よりも遠いために公転周期は地球より長い(う)約687日になります。(あ)約225日は地球のひとつ内側を公転する金星の公転周期になります。



          (2):(い)衝(しょう)
          この衝の時期は、今回のように最接近の時期の近くです。もし太陽の周りを公転する軌道が地球も火星も円ならば、衝の時に地球は火星に最接近します。実際には、地球も火星も公転軌道が円から少しゆがんだ『だ円』のために、衝の時期と最接近の時期はわずかにずれます。(あ)合(ごう)は地球から見て太陽の方向に惑星がある場合で、衝とは逆にその惑星までの距離はもっとも遠くなります。(う)留(りゅう)とは、地球から見てその惑星が天球上で静止するように見える時期のことを指す言葉です。衝や合の前と後に必ず1回ずつ起こり、5月22日の衝の前の4月17日と後の6月30
          に起こります。この留の前後で、惑星の名前の由来となった順行と逆行が入れ替わるという天文現象が起こります。



          (3):(あ)アンタレス
          黄華堂検定 Vol.88 でも出題した問題ですが、改めて出題してみました。アンタレスは、さそり座でもっとも明るい1等星です。さそり座は天球上の太陽の通り道である黄道に位置する『黄道十二宮』のひとつで、そのため今回のように火星が近くを通ることがあります。まるで火星に対抗するように赤く輝く星であることから、ギリシャ語で『火星(アーレス)に対抗(アンチ)するもの』を意味する名が付けられました。(い)ベテルギウスはオリオン座の1等星で、その名前の由来には諸説あります。アンタレス同様、夜空で赤く輝きますが、オリオン座が冬の星座のため、この時期には見ることができません。(う)アルデバランはおうし座の1等星で、その名前はプレアデス星団(日本語名すばる)の後に続いて夜空に昇ってくることから、アラビア語で『後に続くもの』という意味の『アッ・ダバラーン』という言葉に由来します。オリオン座同様に冬の星座ですので、赤く輝く星ですが、この時期には見ることはできません。

          by MARK

          ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
          また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
          バックナンバーはこちらをどうぞ!!
          黄華堂ホームページ
          黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
          黄華堂検定 Vol.91 〜火星〜
          0
            今回は、『5月の星空』の記事にちなんで、5月31日に地球に最接近する『火星』からの問題です。

            (1)地球のひとつ外側を公転する火星の公転周期は約何日でしょうか?次の3つの選択肢のうち、もっとも近いものを選んでください。

               (あ)約225日
               (い)約365日
               (う)約687日



            (2)最接近する5月31日の少し前の5月22日には、太陽と地球と火星が一直線に並び、太陽と正反対の位置に火星があります。この状態は何という言葉で表されるでしょうか。

               (あ)合(ごう)
               (い)衝(しょう)
               (う)留(りゅう)



            (3)最接近する火星の近くで赤く輝き、火星に由来した名前をもつ星は次の3つのうち何という星でしょうか。

               (あ)アンタレス
               (い)ベテルギウス
               (う)アルデバラン


            by MARK

            ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
            また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
            バックナンバーはこちらをどうぞ!!
            黄華堂ホームページ
            黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
            黄華堂検定 Vol.90 〜木星〜答え
            0
              先日更新した「木星」をテーマにした黄華堂宇宙検定の解答です。

              ☆答え☆
              (1):(あ)
              地球に四季があるのは、天体の自転軸と公転軸のなす角である赤道傾斜角が23.4度とやや大きいからです。しかし、木星の赤道傾斜角は約3度と非常に小さく、有意な季節の変化はないとされています。土星のように目立ちませんが実は3つの「環」をもっています。また、詳細には判明していませんが中心核はケイ素などの岩石質ではないかと考えられています。


              (2):(え)
              「♃」の記号の由来には諸説あります。「ローマ神話の神ユーピテル(jupiterのラテン読み)の雷」、「ユーピテルと同一とされるギリシャ神話の神ゼウスの頭文字Ζ(ゼータ)」、「天動説における(地球を除いた)第4惑星であることから数字の4」を表しているとされています。「☉」は太陽、「♀」「♂」は今ではメスやオスを表す記号として用いられていますがそれぞれ金星と火星を表す惑星記号です。


              (3):(え)
              太陽系の他の惑星の質量をすべて足しあわせても、木星の質量の半分にも至りません。それだけ大きいことから木星は「太陽(恒星)になりそこなった惑星」と称されることもあります。とはいっても太陽の質量とは1000倍以上の差をつけられており、木星が恒星になるためには今より70倍程度重くならなければなりません。

              by Fukushima

              ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
              また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
              バックナンバーはこちらをどうぞ!!
              黄華堂ホームページ
              黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
              黄華堂検定 Vol.90 〜木星〜
              0
                みなさんは最近、星空を見上げることはありますか?
                望遠鏡なんかなくたって、星空はいつもそこにあります。
                ぜひぜひ毎日の星空を楽しんでください!!

                さて、この3月の星空を見上げると、ひときわ明るく輝く木星を見つけることができます。今回はその木星にちなんだ黄華堂検定パート2となります。


                (1)次のうち、木星にないものはどれでしょう?

                (あ)一年間で巡る「四季」
                (い)土星の輪っかのような「環」
                (う)岩石質の「核」
                (え)地球の月のような「衛星」


                (2)古くからの占星術やタロット、天文学にも利用されるものに「惑星記号」というものがありますが、木星を示す惑星記号は次のうちどれでしょうか?

                (あ)☉
                (い)♀
                (う)♂
                (え)♃


                (3)木星に由来する次の事柄について誤った記述のものはどれでしょうか?

                (あ)木星は太陽系の第5惑星であり、その直径は地球の10倍以上で太陽系の惑星の中で最も大きい。
                (い)木星の表面で観測される超大型の台風「大赤斑」は、100年以上の間消えることなく継続しており、その大きさはおよそ地球3個分ほどである。
                (う)木星は多数の衛星を持っており、特に大きいものはガリレオ衛星と呼ばれ「イオ」、「エウロパ」、「ガニメデ」、「カリスト」の4つがそれにあたる。
                (え)木星の質量は他の惑星と比べても非常に大きく、太陽系の他の惑星の質量をすべて合わせたものとほぼ同じ大きさとなる。


                by Fukushima

                ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                黄華堂ホームページ
                黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                黄華堂検定 Vol.89 〜ASTRO-H〜答え
                0
                  先日更新した「ASTRO-H」をテーマにした黄華堂宇宙検定の解答です。

                  ☆答え☆
                  (1):(う)
                  中学生以上の人だと”方程式”を数学で習ったことがあると思いますが、そのときにわからない値をXでおくことが多いですよね。これはXという文字が未知のものを表す文字とされているからです。骨が透けて写る不思議な光…発見当時の人々にとってX線は、今までの常識をくつがえす未知のものだったのでしょう。


                  (2):全部!
                  少しいじわるでしたね。これまでに日本は問題に出てきた3機とすざく、ぎんがを合わせた計5機のX線天文衛星を宇宙に送りだしてきました。なんだか羽が生えた生き物の名前が多いようですが、このパターンでいくとASTRO−Hの名前は”ほうおう(鳳凰)”なんてどうかな、と考えています。皆さんの予想はどんな名前でしょうか?


                  (3):(あ)
                  私たちが天体観測会で使うような望遠鏡とは違い、ASTRO-HのX線望遠鏡は薄い鏡を何枚もバウムクーヘンの層のように重ねて作られています。これはX線が非常に小さな角度で入射ないと反射しないことを考慮した形なのです。

                  by Nomura


                  ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                  また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                  バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                  黄華堂ホームページ
                  黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                  黄華堂検定 Vol.89 〜ASTRO-H〜
                  0
                    2月12日にH-Aロケットの記念すべき30号機によってX線天文衛星ASTRO-Hが打ち上げられる予定です。先輩衛星であるすざくに負けないぐらい大活躍してほしいですね!そこで今回はX線天文衛星に関する問題を出題したいと思います。

                    (1)1895年にドイツで発見されたX線、さてその名前の由来はどれでしょうか?

                    (あ)W線の後に見つかった電磁波だから。
                    (い)見つけた人の名前がエックスさんだった。
                    (う)未知のものという意味のXから。



                    (2)これまでに日本で打ち上げられたX線天文衛星はどれでしょうか?(1つとは限りません!)

                    (あ)はくちょう
                    (い)あすか
                    (う)てんま



                    (3)ASTRO-Hに搭載されているX線望遠鏡は実はあるお菓子の形に似ているんです。そのお菓子とはなんでしょうか?

                    (あ)バウムクーヘン
                    (い)ロールケーキ
                    (う)マカロン


                    by Nomura

                    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                    黄華堂ホームページ
                    黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                    黄華堂検定 Vol.88 〜2016〜答え
                    0
                      先日更新した「2016」をテーマにした黄華堂宇宙検定の解答です。

                      ⭐︎答え⭐︎
                      (1):(あ)すばる
                      「六文銭」は六連星で、すばるではないかという説があります。米の凶作の多い地域では麦がさかんに作られました。すばるは麦を蒔く時期を知らせる星として信仰されていたと言われています。


                      (2):(う)人工流星
                      人工流星は株式会社ALEが2020年東京オリンピックの開会式での実現を目指して奮闘しています。(あ)の衛星生中継は1964年の東京オリンピックの際に数々の困難を乗り越えて世界で初めて成功しました。また同じ年に3人乗りの宇宙船ボスホート1号が打ち上げられ、3人の宇宙飛行士が東京オリンピックにメッセージを送りました。



                      (3):(い)アンタレス
                      2016年の火星は、さそり座のα星「アンタレス」の近傍を運行します。アンタレスはこのように火星と大きく接近して見える場合があり、ともに明るく赤い星であることから、ギリシャ語で「火星(アーレス)に対抗(アンチ)するもの」を意味する名がつけられました。


                      <参考文献>
                      トピックス「2020年!東京五輪の空に「流れ星」が見えるかも


                      by Kobayashi

                      ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                      また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                      バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                      黄華堂ホームページ
                      黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                      << 2 >>