黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
宇宙×◯◯ Vol.22 〜子育て〜
0
    私事なのですが、実は昨年9月に出産し、現在育児休暇中、毎日子育てに奮闘しております。そこでそのまんまですが、今回のテーマは『宇宙×育児』として、宇宙へ飛んだママである、山崎直子宇宙飛行士について書きたいと思います。



    山崎直子宇宙飛行士は、その著書「夢をつなぐ」によると訓練中の2002年に出産され、娘さんが7歳の時に宇宙へ行かれたそうです。

    その間、ロシアやアメリカでの長期訓練があり、旦那さんや周囲の人たちから子育てについて多くのサポートを受けたと書かれています。特に旦那さんはアメリカで家族一緒に過ごすために、自身の夢を一時諦めなければならなくなったそうです。


    山崎宇宙飛行士が宇宙へ行くために、そして家族が家族であるために、旦那さんや娘さんも含めた家族全員が、たくさんの努力をしたことと思います。そんなエピソードの一つとして、山崎宇宙飛行士がスペースシャトルの打ち上げ前に熱を出した娘さんの看病をしていると、娘さんに「あっちに行って」と言われたと同著書に書かれていました。風邪が移るとママが宇宙に行けなくなってしまうからだそうです。


    夢に向かって訓練も育児も諦めずに頑張り続けた山崎宇宙飛行士とそれを支えた旦那さん、娘さん、たくさんの困難を乗り越えたすばらしい家族ですね。小さい頃から夢を追いかけるママの姿を見て育った娘さんはたくましく優しい子になったのではないでしょうか。


    山崎宇宙飛行士は著書の中で、「どんなに悲惨な災害が人々を襲おうとも、飢餓や貧困、差別や格差が厳然としてあろうとも、それでも生きている世界は美しい。(中略) そして、この美しい世界を私たちは守って、次の世代に渡さなければならない。」と述べています。宇宙から地球を眺めた宇宙飛行士ならではの言葉だと思います。


    私には宇宙を地球から見ることはできませんが、いつも地球から宇宙を見ています。私たちはみな、寿命を終えた星たちから飛び散った元素でできています。この世界が星屑から生まれたなんて、奇跡だなぁといつも感じています。この大きな宇宙の中で共に生まれた世界中の人々、動物や草花を愛しんで、子供には育ってほしいと思っています。

    参考文献:
    「夢をつなぐ 宇宙飛行士・山崎直子の四〇八八日」
    山崎直子著、角川文庫、2013年初版発行
    「宇宙から伝える心のメッセージ 瑠璃色の星」
    山崎直子著、世界文化社、2010年初版発行

    by Tazaki

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
    宇宙×◯◯ Vol.21 〜ファッション〜
    0

      読者の中には「子育て真っ最中!」という方もおられるのではないかと思います。そこで、今回は『宇宙×ファッション』と題して、宇宙柄の子ども服のお話です。

      正確なデータに基づいたものではありませんが、筆者の感覚では大人よりも子ども服の方が宇宙柄が多いように思います。試しに「子ども服 宇宙柄」と検索をしてみてください。たくさんのアイテムが表示されたことでしょう。ベビー服も侮れませんよ。子ども服なので、リアルなものよりも星やロケットが可愛らしくイラスト化されているものが多いかもしれませんね。


      ぜひ、お子さんのファッションでも宇宙を楽しんでみてください 。それでお子さんが宇宙に興味を持ってくれたら儲けもんですね。(笑)ただし、お子さんの意志は尊重してあげてくださいね。嫌がるものを無理やり着せるようではいけません。


      筆者は学術的な宇宙だけでなく、楽しくカジュアルに楽しむ宇宙もあっていいと思っています。自由な発想で、あなたなりの宇宙の楽しみ方を見つけてください。その楽しみ方の一つとして「2016年は親子で宇宙ファッションを楽しむ!」という目標を立てることをご提案します。

      by Narita

      ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
      また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
      バックナンバーはこちらをどうぞ!!
      黄華堂ホームページ
      宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
      宇宙×◯◯ Vol.20 〜カレンダー〜
      0
        2015年も残りわずかとなりました。
        みなさん、いかがでしたでしょうか?来年に向けて、新しいカレンダーや手帳をどうしようかと悩んでいる方もいるかもしれません。今回の宇宙×○○では、天文をモチーフとしたカレンダーや手帳の紹介をします。



        まずはカレンダーから。光学機器メーカー「ビクセン」では
         ⭐︎月替りでさまざまな天体写真が楽しめるカレンダー
         ⭐︎月の満ち欠けカレンダー
         ⭐︎お風呂の壁に貼って楽しめる月齢カレンダー など
        さまざまなカレンダーがあります。壁に掛けるタイプや、卓上タイプなどいくつか種類があります。





        次に手帳では、技術評論社が出版している
         ⭐︎天文観測手帳2016
        この手帳では、星空の図がカラーで楽しめます。さらに日、月、惑星出没データや天文イベントなどの情報が載っており、実際に星空を観察する人必見の手帳になっています。





        また、地人書館からは
         ⭐︎2016年版 天文手帳
        週単位の手帳で、毎日の月例、日の出入時刻、月の出入時刻、主な天体現象が書かれています。手帳には小さな星座早見盤もついていて、当日の星空が分かるようになっています。手帳に星座早見盤がついているというが素敵ですね。






        今回、紹介したもの以外にもカレンダー、手帳はたくさんあります。ぜひ、みなさんも自分にあった天文をモチーフにしたカレンダー、手帳を探してみてはいかがでしょうか?


        by Kawabata

        ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
        また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
        バックナンバーはこちらをどうぞ!!
        黄華堂ホームページ

        宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
        宇宙×◯◯ Vol.19 〜宇宙機雷〜
        0
          今回は、宇宙×機雷、すなわち宇宙機雷についてお話しします。

          安倍さんが大変こだわっていたにも拘わらず、こともなげにあっさりと取り下げてしまった、ホルムズ海峡に敷設される予定の(敷設されるのか?)あの機雷の宇宙版です。第2回の×マンガ、第6回の×アニメと、ややかぶるところがあるかもしれません。


          宇宙機雷はいろいろなマンガやアニメ、SF等で取り上げられているようですが、ここで取り上げるのは宇宙戦艦ヤマトのそれです。ガミラスの冥王星(当時はまだ惑星でしたね)前線基地を突破したヤマトは、バラン星のドメル将軍が敷設した機雷群に取り囲まれます。機雷は徐々にヤマト機体に近づきつつあり、ヤマトは止む無くエンジン停止、身動きが取れなくなります。後は玉砕を待つばかり。果報は寝て待てとばかりにデスラー総統は安心しきって眠ってしまいます。危機一髪のヤマト・・・。

          さてヤマトは、この重大危機をどのようにして切り抜けたのでしょうか?
          答えはいたって簡単(しかし、極めて危険)で、機雷のひとつひとつを乗組員の手で押しのけることによって、航行路を確保し、切り抜けたのでした(図)。



          古代進「あきれた。大変な宇宙機雷だと思ったけど人間の手で運べば何ともないなんて!!」

          ヒス副総統「は・・・奴らは・・・地球人は我々の考えない方法を使いました。つまり手で」

          デスラー総統「手で?・・・」

          自らは科学・技術の著しく発展した文明人、地球人は原始人レベルと見做していたガミラス人の盲点を突く作戦でした。ここで、私が重要視したいのは、自らの手を使っての直接作業ということです。現在はスマホやタブレット、あるいはゲーム端末機などを使って実に様々な作業ができます。そういった操作に慣れなければきちんとした仕事もできない状況でしょう。しかし、最先端の技術でも根本的な所では職人や技術者の直接手作業によるところが大きいということをガミラス人ならずとも認識すべきだと思っています。精密はんだ付けや、ブロックゲージの研磨、あるいは、ハッブル望遠鏡の修理や、スペースシャトルのはみ出し耐火タイルの切除作業など、超最先端の宇宙作業でも直接手仕事が必要です。

          私は心理学実習という授業で学生に、レポートには実験装置の説明をきちんと載せるように指導していますが、彼らはまず、装置の図を描く、ということをしません。「文章だけでわかるのか?」というと、「手で描いていいんですか?」と言います。自らの手を使うという文化のない彼ら(文系(文学部)学生なので、無理からぬところもありますが)に対して、私はいつも上記宇宙機雷の話をしています。とはいえ、酒を呑んで車で家まで帰れる完全自動運転車の普及も心から待ち望んでいます。

          【参考文献】
          松本零士 1975 宇宙戦艦ヤマト pp119-129 秋田書店 東京

          by Ozaki

          ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
          また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
          バックナンバーはこちらをどうぞ!!
          黄華堂ホームページ

          宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
          宇宙×◯◯ Vol.18 〜スターオーシャン〜
          0
            皆さんは宇宙を舞台にした物語は好きですか?

            宇宙をかけめぐったり、まだ見ぬ地球外の生命体と触れ合ったり…そんな人類の夢を描いた小説や映画などが今まで数多く作られ、親しまれてきました。そこから宇宙への興味を抱いた人も少なくはないでしょう。今回は「宇宙×ゲーム」と題して、宇宙を舞台にした物語を体験できるゲーム「スターオーシャン(STAR OCEAN)」シリーズをご紹介したいと思います。


            名前からして宇宙・天文好きとしてはときめいてしまうタイトルの「スターオーシャン(直訳すると星の海)」。

            シリーズを通して様々な星での冒険の物語を楽しめるRPG(ロールプレイングゲーム)なのですが、このシリーズの特徴として仲間になる人物の多くが主人公にとっては「異星人」であるというものがあります。



            猫科の動物を祖先に持つ「フェルプール」
            星を維持するために遺伝子操作で作られることが普通である「エルダー」
            高度な科学力を持ったために故郷の星を滅ぼし人口惑星で暮らす「ネーデ」


            などなど地球人とは異なる特徴や背景を持つ異星人と出会い、そしてたくさんの物語を紡いでいきます。もし宇宙人と出会って一緒に冒険ができたら…という想像を具現化したのがこのゲームなのです。「スターオーシャン」の世界は私たちの今生きている現代の未来の世界という設定で、特に「スターオーシャン4」ではそれを強く感じられるイベントが発生します。


            そのイベントは主人公の地球人・エッジが宇宙船でワープ中にトラブルに巻き込まれ昔の地球にタイムスリップしてしまう…というものなのですが、まだタイムスリップしてしまったと確証を得られなかったときに「先日、人類初の人工衛星打ち上げの栄誉は我が国の手をすり抜け 連邦のものとなった」というラジオの情報をきいて主人公がこう言うのです。

            「宇宙に夢を馳せる者は誰だって知ってるよ。人類初の人工衛星打ち上げ成功は…西暦1957年だ。」


            主人公は未来の滅びかけた地球からの移住先を探すという任務を負った地球人の希望の星ですが、それ以前に私たちと同じように宇宙が大好きな青年であり、シリアスな展開が続く中で目を輝かせて上の台詞を言う姿がとても印象的でした。宇宙を旅することで様々な危機的状況が主人公たちを襲うけれども、境遇も生まれた星も違っている仲間と協力して乗り越えていく。そんなはらはらどきどきの冒険がしたくなってしまった人はぜひ「スターオーシャン」シリーズをプレイしてみてください。SF要素も多く含まれているのでゲーム好きだけではなくSF好きな人にもおススメですよ!


            さあ広大な星の海での冒険を始めましょう!

            by Nomura

            ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
            また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
            バックナンバーはこちらをどうぞ!!
            黄華堂ホームページ
            宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
            宇宙 × ◯◯ Vol.17〜旅行〜
            0
              僕には、行きたいところがたくさんあります。
              例えば、グランドキャニオンやルーブル美術館、イエローナイフやナイアガラの滝、モンサンミッシェル、等々、時間とお金があればすぐにでも行きたいです。


              でも、今一番行きたいのは、やっぱり宇宙です。

              死ぬまでに一度は宇宙に行って、地球を見てみたいです。ただ、宇宙に行くには、宇宙飛行士になって、長い訓練を受けて、そしてやっと行くことができると言われています。つまり一般人にとって、宇宙は言葉では言い表せないほど遠い存在・・・。


              そんな風に思っていませんか!?
              実は、そんなことはありません、誰でも宇宙に行けるのです。それが、宇宙旅行!!18歳以上で健康ならば、長ーい特殊訓練を受けなくても、宇宙に行ける時代になったのです!


              某旅行会社によると、この宇宙旅行のプログラムは次の通り。

              ・出発4日前に現地集合
              ・3日間の訓練
              ・宇宙へ向けて出発!
              ・無重力を体験したり、地球を眺めたりできる!
              ・そして地球へ帰還


              この宇宙旅行のお値段は…なんと、約2500万円。
              ただ、約2時間の所要時間の内、宇宙での滞在時間は約4分・・・その4分のために2500万円を支払う覚悟があなたにはありますか。気になるあなたは、実際に応募して宇宙へ行ってみてはいかかでしょうか。


              by Masumoto

              ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
              また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
              バックナンバーはこちらをどうぞ!!
              黄華堂ホームページ
              宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
              宇宙 × ◯◯ Vol.16〜火山活動〜
              0
                皆さん、突然なのですが「火山」と聞いてどう印象を持つでしょうか?

                今年05月29日に起こったの口永良部島の噴火は大きくニュースに取り上げられたので、印象に残っているかもしれません。また、昨年、多くの登山者が巻き込まれてしまった御嶽山の噴火を思い出された方もいるかもしれません。【被災された方のご冥福をお祈り申し上げます。】
                一方で、火山列島である日本は、火山のおかげで、温泉に入ってリフレッシュできたり、地熱をエネルギーとして利用して産業を発展させたりできています。このように、火山は大自然からの恩恵と脅威という2つの側面を持っています。


                さて、この火山と上手く付き合っていくためには、人間に牙を剥く火山噴火の兆候をとらえる必要があります。火山の噴火の兆候として、マグマや火山性ガス等が地下から上がってくることによって火山が僅かに膨張する「山体膨張」というものがあります。この山体膨張を捕える手法として、宇宙にある人工衛星による手法があります。


                下記の参考リンクは、箱根山の火山活動を、陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)の干渉SARで捕えた06月04日から06月18日まで の解析画像です。マップ中のカラーは垂直方向の変位を示していますが、大涌谷周辺(箱根山)の一部が、06月04日から06月18日までの間に、最大3cm程度が隆起していることが分かります。(05月21日から06月04日までの最大10cm程度と比べて変動が小さくなっているものの、地殻の隆起は依然として継続していると見られるそうです。)宇宙から火山活動の兆候まで捕えられるようになってきたとは、本当に凄い時代になりましたね!


                だいち2号(JAXA)


                【参考リンク:国土地理院】大涌谷周辺(箱根山)の火山活動に関する情報


                by Sumiyoshi

                ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                黄華堂ホームページ
                宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
                宇宙 × ◯◯ Vol.15〜国境〜
                0
                  皆さんは、以前カップヌードルのCMで「NO BORDER」というシリーズがあったことを覚えていますか?

                  宇宙編では宇宙飛行士が浮いているカップヌードルを口にしている映像がとても印象的で、僕の頭にはとても鮮明にその映像が記憶されています。また、そのCMの中では地球の映像とともに「この星にBORDERなんてない」というキャッチコピーが流れ、宇宙から見たら地球なんてちっぽけな存在で、戦争とかバカバカしいなぁ、と子ども心ながらに感じていました。



                  確かに、「宇宙から見たら地球に国境なんてない」という謳い文句は昔からよく言われていますが、最近この謳い文句が真実ではないことを宇宙飛行士は知っています。そう、私たちは国家間での境界線をより強固なものにしていく中で、「宇宙でも見える国境」を作り上げているのです。



                  例えば、上の画像は2014年11月に国際宇宙ステーション(ISS)から撮影されたものです。イラクとイランの国境を示していますが、国境と平行に走るいくつもの線や円が見て取れます。これらは単純に道路を表しているだけでなく、砲床や土塁といった軍事的な戦略の中で描かれた「人為的な国境」を示しています。


                  さらに、2011年にまでさかのぼると、インドとパキスタンの国境を撮影した画像があります(上の画像)。この画像を見ると、インドとパキスタンの国境に沿ってオレンジ色に光る奇妙な線が見て取れます。これは2003年以来、インドが武器の密売やテロリストの侵入を防ぐために、投光照明でパキスタンとの国境を明るく照らしていることが原因です。



                  このように、私たち人間は国家間での対立を強めれば強めるほど、宇宙からでも見える国境をより鮮明に浮かび上がらせていきます。この不気味なほど秩序立った線が宇宙からでも見えると知ったとき、僕は戦慄を覚えずにはいられませんでした。

                  本当の意味で「NO BORDER」と呼べる日は果たして訪れるのでしょうか…。

                  <参考文献>
                  UNIVERSE TODAY 「This is What War (and Borders) Look Like From Space」
                  http://www.universetoday.com/118724/this-is-what-war-and-borders-look-like-from-space/

                  by Hayakawa

                  ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                  また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                  バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                  黄華堂ホームページ
                  宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
                  宇宙 × ◯◯ Vol.14 〜食べ物〜
                  0
                    みなさんは納豆は好きですか?
                    毎朝食べるという方もいらっしゃるかもしれませんね。
                    毛利衛宇宙飛行士は、納豆を宇宙に持っていこうとしました。が、NASAの許可がでませんでした。というのは、臭いの点ではクリアしたものの、糸を引くという点で、無重力空間において減点となってしまったのです。今回はそんな宇宙×食べ物のお話です。


                    国際宇宙ステーションでは、さまざまなものが食べられています。
                    水で戻すフリーズドライ食品や缶詰、レトルト食品などは宇宙食のイメージが強くありますが、その他にナッツクッキー、補給機が到着したときにはリンゴやバナナ、ロールパンなどの生鮮食品も食べられるようです。今ではインスタントラーメンやカレーなど身近なものも宇宙食になっており、話題になりましたね。宇宙に長期滞在する宇宙飛行士にとって、食事は楽しみのひとつです。世界各国の宇宙飛行士がいますので、リフレッシュの観点からも、バリエーション豊かなメニューがあります。ちなみに日本の食品としては、味噌汁、たこ焼き、赤飯なども宇宙食として持ち込まれています。


                    宇宙で万が一体調を崩しても、当然、救急車は駆けつけてくれません。
                    ですから、ISS内への「菌」の持込み制限があり、宇宙食は徹底した衛生管理のもと、安全な材料を使い、安全なパッケージで作られています。


                    ところで、今、NASAでは火星への有人飛行計画があります。
                    火星までは片道半年、滞在も含めると往復2年半ほどと考えられています。その間のクルーの食事については、船内での野菜の栽培なども検討されていますが、考えれば考えほど難しい課題です。なるべく少ない荷物で、廃棄物も減らしたい、安定供給が可能で、栄養バランスも重要、そして衛生面…。NASAはこれらの課題をクリアして、火星有人飛行を成功させられるのでしょうか。

                    *参考
                    認証された宇宙日本食一覧


                    市販されている宇宙食(SPACE FOODS(たこやき):宇宙の店)

                    by Hashimoto

                    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                    黄華堂ホームページ
                    宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
                    宇宙 × ◯◯ Vol.13 〜御朱印帳〜
                    0
                      近年、女性の間で「御朱印集め」が流行っているのをご存知ですか?
                      御朱印とは、寺社で参拝した証としていただくもので、寺社それぞれに個性のある御朱印が魅力的です。また、御朱印を集めるための帳面「御朱印帳」も女性を意識したかわいらしいものが多くなってきました。今回は、御朱印帳という視点から天文学とゆかりのある神社をご紹介します。



                      大将軍八神社(京都府) 
                      陰陽道の方位神「大将軍」をお祀りする神社で、宝物庫には天球儀などが収められています。御朱印帳は星図が描かれたかっこいいデザインです。

                      出典:twitter.com



                      清明神社(京都府
                      有名な陰陽師「安倍清明」をお祀りする神社。御朱印帳には金糸で晴明桔梗印(五芒星)が刺繍されています。

                      出典:www.seimeijinja.jp



                      寒川神社(神奈川県)
                      八方除の守護神として知られている神社。境内にある渾天儀と方位盤が御朱印帳にデザインされています。

                      出典:blog.livedoor.jp



                      千葉神社(千葉県)
                      北辰妙見尊星王をお祀りする神社。(北辰:北極星と北斗七星)天の川が描かれた美しい御朱印帳です。

                      出典:blog.goo.ne.jp

                      宇宙を感じる御朱印帳を手に、天文学とゆかりのある神社を巡ってみてはいかがでしょう。

                      ※参考URL
                      かっこいい御朱印帳まとめ - NAVER まとめ


                      by Iino

                      ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                      また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                      バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                      黄華堂ホームページ
                      宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |
                      << 2 >>